赤ちゃん カイテキオリゴ

赤ちゃんにも安心のカイテキオリゴの成分をご紹介!!便秘によく効き、白砂糖から赤ちゃんを守る、安全安心のオリゴ糖です!!

 

便秘の解消法で砂糖水を紹介しましたがこれは緊急用で、
普段から赤ちゃんに白砂糖を与えるのはあまり良くありません。

 

白砂糖はミネラルやビタミンを人為的に除いた、ただの甘みです。

 

あまり知られていないことですが、
白砂糖は体内のカルシウムやビタミンなどを奪う成分が含まれており、
骨折しやすい、イライラする、頭がぼーっとしたりする、
などお菓子を食べさせないようにするお母さんも増えています。

 

 

よく、疲れた時に糖分がいいのでは???と疑問に思うかもしれませんが、
糖分を摂取するように言っているだけで
白砂糖を摂取するようには一言も言っていないのです。

 

 

白砂糖を含んだお菓子を食べて元気になったと錯覚するのは血糖値が急激に上がるためで、
急激に上がった血糖値はまたすぐに下り、これが疲れやすい原因のひとつでもあります。

 

 

お風呂の浴槽に出たり入ったりすると疲れませんか?
それとよく似た構造が行われているわけです。

 

 

ですので、精製された白砂糖より、さとうきびやオリゴ糖の方が
身体にやさしく赤ちゃんが直接飲んでも大丈夫なのです。

 

 

オリゴ糖で安心・確実に腸内を元気に

 

 

オリゴ糖は血糖値の上昇を抑え、腸内環境を整えミネラルの吸収を促進するなど、さまざまな作用があります。
ただ、スーパーなどで販売されているオリゴ糖の含有量は低く、あまり効果がありません。

 

一番売れているオリゴ糖、カイテキオリゴのオリゴ糖は
北海道産のサトウダイコンから抽出された成分で天然のオリゴ糖ほぼ100%です。

 

 

またその他の成分にも母乳に含まれている成分の乳糖や、
整腸作用の高いミルクオリゴ糖で、赤ちゃんからお年寄りまでどんな方にでも合うオリゴ糖です。

 

 

乳製品アレルギーの方は成分に含まれているので注意して下さい。

 

 

オリゴ糖は腸内の善玉菌のエサとなり整腸作用を促します。
便秘薬と違い、下痢になったり副作用があったりするわけでないので、安全安心です。
また、胃で分解されず腸に直接効くので効果が高いと言われております。

 

 

また虫歯になりにくい糖分で甘みも白砂糖の20%ほどなので、ミルクやお白湯に混ぜてもほとんど味が変わらない所が魅力です。

 

 

砂糖水もカイテキオリゴで作ると整腸作用も促進され、赤ちゃんの便秘や夜泣き、
ゴキゲンが悪くなることなどが解消されるかもしれませんね。

 

 

もう一度、砂糖水(オリゴ糖水)の分量をご紹介しますね。

 

 

大体1回の量20ccが目安と言われており、
20ccの湯冷ましに1gのカイテキオリゴを混ぜる。

 

 

 

たった、これだけです。

 

 

子育て中にお母さんの食事を見直しすのは、やはり大変です。
楽しく子育てを続けるためには、手軽で安全安心なカイテキオリゴを使うのもひとつの方法だと思います。